どこをみれば良質車が買えるか中古車選び3選

整備記録とエンジンの状態を確認しよう

中古車選びで重要なのは車の健康状態を知る事です。整備記録は医者でいうカルテみたいな物でこれを見ると車の状態が見えてきます。近年の日本車は整備記録がしっかりしていれば走行距離が10万キロを超えていても問題無く走る物です。逆に整備記録がまるでなければ5万キロに届かずしてボロボロになってしまう車も少なくありません。その為中古車を選ぶ際は整備記録のしっかりした物を選び、無い場合はボンネット内のエンジンの汚れやエンジン下を確認して液漏れが無いか確認しましょう。エンジンの汚れや内部の水の跡が酷いようならその車はろくにメンテが行われてこなかったと見てよく選択肢から外した方が無難です。

走行距離は健康状態の指標になるが過信は禁物

次に車の走行距離と年式から稼働状態を測ります。走行距離のおおよその目安は1年で1万キロ前後と言われています。例えば年式から10年経った車が13万キロだとしたら明らかに走行距離が高すぎますので止めておくべきです。では逆に走行距離の少ない車はどうでしょうか。こちらも10年で2万キロ前後だと仮定します、これも少なすぎて止めておくべきですね。理由として車は一定期間起動して動かしておかず放置されていると調子が悪くなり、走らない車はメンテナンスも滞りがちで前述の過走後車よりも状態は悪くなる物です。1年1万キロが目安ですのでこの車は明らかに放置期間があったとみるべきです。中にはきっちりメンテナンスされた過少走行車もなくはありませんがその数は少ない物です。どうしても気になる場合はエンジン音の確認やオイルの状態を確認するといいですよ、吹かした際の音が異音だったりオイルが濁ってないかで状態を確認できる物です。

車のサビは見えないところにあるもの

車は金属でできている為常にサビの問題が付いて回ります、これは沖縄や沿岸、北国や北海道で顕著でしょう。ボディのサビだけでなくボンネットの中やできればシャシーの下もチェックするといいですよ。ボディは問題無くてもシャシーやマフラーがボロボロなんて車は、修理にいくらかかるかわかりませんし早々に故障となる恐れの方が強いですよね。国によっては次の車検に通らないなんて事もあるのでサビが無いかキッチリチェックしましょう。購入後に沖縄や沿岸、雪国での使用を考えているなら防サビ処理のされた物か費用は掛かっても防サビ処理は行っておきましょう。潮風や融雪剤は其処ら辺に漂っている事を念頭に置いておくべきです。

ボルボの中古車は、新車と比較をすると格安で購入する事が出来ます。状態の良い車体でも、お得な価格設定です。